文字の大きさ

  • 標準
  • 大
  • 最大

卒業生の皆さんへ

2020.05.21

本校34回卒業生小田原ドラゴン(小田原満)さん 朝日新聞朝刊で紹介

 平成元年卒業、本校34回卒業生の小田原ドラゴン(小田原満)さんが、5月21日の朝日新聞朝刊18面「ペットとともに」の欄で紹介されました。
 小学館から「ぼくと三本足のちょんぴー」という漫画本を出版し、病気で脚を失った犬(ちょんぴー)との、おもしろおかしい、かつ、少し寂しい日常生活を描いています。犬や猫などの家族がいる人には、思いあたる事が多く書かれており、共感することが多いと思います。
 小田原さんは、手塚治虫さんなどの有名な漫画家が多数受賞している文藝春秋漫画賞を受賞しているすごい漫画家です。年配の方は、『週刊朝日』室井佑月さんのコラム「しがみつく女」の挿絵をご覧になったことがあると思います。明商図書館でも、置いて支障が無い作品を所蔵しています。
 著作権の問題でここでは掲載できませんが、新聞の記事の切り抜きや出版した作品は、図書館にあります。ぜひ、来館してご覧ください。






LINK
 sippo 三本足の愛犬は最高の友達 可愛いだけじゃない姿もありのままに
 やわらかスピリッツ ぼくと三本足のちょんぴー 
 Twitter 小田原ドラゴン




前のページへ戻る

ページの先頭へ