文字の大きさ

  • 標準
  • 大
  • 最大

校長挨拶

「文武両道」を目指して

明石市立明石商業高等学校校長  宗石  理

 平成28年4月1日付で、県立兵庫高等学校より着任いたしました宗石 理です。 
 よろしくお願いいたします。

 本校は昭和28年に戦後の復興と産業の発展を願う明石市民の熱い思いで設立され、古くから「明商」という愛称で地元の方々に親しまれている東播磨地区で唯一の市立高校です。現在、卒業生は二万一千名を超え、歴史と伝統のある県下最大の商業高校で、資格取得など商業教育に力点を置いています。また、大学・短大、専門学校、就職と生徒の幅広い進路にも対応しており、文武両道の精神から部活動も大変活発です。

 皆さんもご存知のとおり、本校の野球部は「第88回選抜高等学校野球大会」に出場し、ベスト8まで勝ち上がることができました。在校生はもちろん、保護者、卒業生、地域の方々の応援と明石市や地元の企業等から多くのご支援を受け、勇気と力を頂いた結果であると考えています。本当にありがとうございました。

 最近、周囲から「学校に勢いがありますね」と言われますが、それはこれまでの生徒のがんばりと先生方の熱意、地域の応援と明石市の支援等により、学校にエネルギーが蓄積された結果だと思っています。野球部の功績もその1つです。

 本校には、学習であれ、部活動であれ、生徒が活躍し成長できるステージは十分に整っています。また、学校は大きく飛躍する時期に来ています。教職員一同、更なる明商の発展に努めて参りますので、皆様方のご協力とご理解をよろしくお願いいたします。

ページの先頭へ