文字の大きさ

  • 標準
  • 大
  • 最大

国際会計科

2017.06.19

1年国際会計科 スタディーツアー

6月15日(木)国際会計科1年生の生徒が、国際理解の一環としてスタディーツアーを実施、JICA関西を訪問しました。JICAでは、約30分程度の事業概要説明のあと、ルワンダ国へ青年海外協力隊として参加された講師の先生から、現地での生活様式や食事、習慣・金銭感覚の違いなど多岐にわたるお話を約1時間ほどしていただき、生徒達も熱心に聞き入っていました。最後の質疑応答の時間も色々な質問が飛び交うなど、生徒の熱心さが伺えました。昼食としてエスニックなウガンダ料理を体験、ピラウやポショといった普段あまり口にすることのないスパイスのきいた味付けの料理にも、舌鼓を打ちながらお腹一杯いただきました。
 午後からは、進路研究の一環として流通科学大学を訪れました。大学を訪れるのは初めてで、生徒達も少し緊張した面持ちで講義を受講していましたが、講義が終わってから、流科大の1年生で商業高校から進学した先輩達が、流科大へ進学を決めた話や、高校生活を振り返って等・・・。普段あまり聞くことができない話をお伺いでき、大変参考になりました。また、グループに分かれて流科大生との学校見学は、色々な経験談や高校生活の話など、和やかな雰囲気の中で色々なアドバイスなどをうけることができ、とても充実したものとなりました。また最後には学生食堂で、昨年度に流科大生と明商生とで共同開発した「明石たこランチ」を頂くことができ、大変感激しました。
 このような経験をふまえて、各自の進路実現の一助になればと思います。

前のページへ戻る

ページの先頭へ